旅の扉

  • 【連載コラム】ナンバーワンよりオンリーワン
  • 2017年7月12日更新
旅の道中、「愛すべき変なもの」を見つけたら、書かずにはいられない!
トラベルジャーナリスト:松田 朝子

シアトルで、都会型ワイナリーのロックな世界に浸る

ワシントン州でもトップクラスの人気を誇るチャールズ・スミス・ワインズzoom
ワシントン州でもトップクラスの人気を誇るチャールズ・スミス・ワインズ

アメリカンワインというと、カリフォルニアのイメージが強いですが、シアトルのあるワシントン州も素晴らしいワインカントリーなのです!ワインの生産はカリフォルニアについで全米第2位を誇ります。ワシントン州のワイン生産地は、昼夜の温度差が激しく、世界のワイン生産地の中でも類い稀な環境にあります。そんな中で育つブドウは甘みを含みつつも清涼感があり、他とは違う味わいを持つワインの産出に繋がっています。

モダンなテイスティングルームzoom
モダンなテイスティングルーム

そんなワシントンワインの中でも、トップクラスの人気を誇るのは、チャールズ・スミス・ワインズ。
ワイナリー&テイスティングルームは、シアトルのダウンタウンから車で15分ほどの、ジョージタウンというところにあります。古い倉庫を改装したというワイナリーは、ブラックライトがきらめき、ロックが流れるテイスティングルームはクラブ風。1歩足を踏み入れると、ワイナリーとは山の中みたいなところにあるもの、というイメージを覆されます。

華やかな味わいのソーヴィニヨン・ブランzoom
華やかな味わいのソーヴィニヨン・ブラン

さらに、日本人目線だとワイナリー経営とは代々からの家業など、伝統的な背景をイメージしてしまいますが、オーナーであり、ワインメーカーでもあるチャールズ・スミス氏は、カリフォルニア出身で、デンマークに渡りロックバンドのマネージャーをしていたという異色の人。その活動中にワインの魅力に目覚め、1999年に帰国すると独学でワイン造りを学び、2001年にワイナリーを開設。現在のワイナリー&テイスティングルームは2015年からだそうです。努力と情熱のみで醸されたワインの味に、期待は高まります。

奇抜で、かつロックの世界観が漂うボトルデザインからは、無骨で重厚な味覚を想像してしまいますが、ソーヴィニヨン・ブランは華やかで爽やか、カベルネ・ソーヴィニヨンはフルーティーで繊細な味わい。どちらもスイスイ飲めてしまいそう。チャールズ・スミスのワインは、言うなれば人生を楽しむためのワイン。デザインから味わいまで、現代人のライフスタイルに溶け込むように造られているそうです。

トレーラーの中でボトリング中zoom
トレーラーの中でボトリング中

カジュアルに楽しめるチャールズ・スミスのワインですが、最近のシアトルでは、こうした都会型のワイナリーが増えつつあります。週末に、フラッと飲みに行く場所がワイナリー、という環境は羨ましい限りです。同じようなチェーン店ばかりが目立つ東京の一角でも、誰かがこんなワイナリーを作ってくれたらいいのに、なんてついつい考えてしまいます。

チャールズ・スミス・ワインズ
https://www.charlessmithwines.com/index.php
ブランドUSA
https://www.gousa.jp/
シアトル・ワシントン州観光事務所
http://www.visitseattle.jp/

ロックを聴いて熟成するワイン!zoom
ロックを聴いて熟成するワイン!
トラベルジャーナリスト:松田 朝子
頭の中は、旅と猫とアルゼンチンタンゴで占められているトラベルジャーナリスト。日本旅行作家協会所属。大好きな地層と砂漠と赤い岩山のあるアメリカに良く出没。

facebook:https://www.facebook.com/tomoko.matsuda.908
Blog: Tomoko's travel:http://tomochan59.hatenablog.com/
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ