旅の扉

  • 【連載コラム】トラベルライターの旅コラム
  • 2017年12月21日更新
よくばりな旅人
Writer & Editor:永田さち子

わくわくが止まらない! 初めてのドバイ(12)高級チョコからバラマキ用まで、おすすめのお土産セレクション

地元ドバイの人もプレゼントに利用する、高級チョコレート『Patch(パッチ)』。zoom
地元ドバイの人もプレゼントに利用する、高級チョコレート『Patch(パッチ)』。
旅先ではお買いものも大きな楽しみのひとつ。12回にわたって紹介してきたドバイの旅コラム、最終回は旅に欠かせないお土産のお話しです。

世界最大のショッピングモールでお買いもの

100軒近いショッピング・モールがあるドバイで最大規模を誇るのが、第1回でご紹介した世界一の高層タワー『Burj Khaifa(ブルジュ・ハリファ)』の入口から続く『The Dubai Mall(ドバイ・モール)』。高級ブランドから、アメリカのデパート、日本でおなじみのカジュアルブランド、もちろんアラビアン雑貨などローカルのお店まで、出店数は1200以上。さらに200以上のレストラン&カフェ、水族館、映画館、アイススケートリンクといったエンターテインメント施設までも揃う、世界最大のショッピングモールです。

テッパン土産はデーツとチョコレート

巨大モールでは、目的を絞って訪れるのが効率よくお買い物を楽しむコツ。ドバイの定番土産といえば、ナツメヤシをドライフルーツにしたデーツ。鉄分やカルシウム、食物繊維が豊富なので、女性にオススメ。ナッツやオレンジピールを挟んだもの、チョコレートをコーティングしたものなどさまざまな種類から選べます。また、アラブの伝統的な焼き菓子は、素朴な甘さ。どこか懐かしさを感じさせるノスタルジックなルックスも魅力です。
上:『Patch』のギフト用セット。下左: アラブの伝統的な焼き菓子の店『VIVEL(ヴィヴェル)』。下右:ナッツやフルーツを挟んだデーツのほかマカロンやチョコレートも扱う『Bateel(バティール)』。3軒ともお土産の定番ショップ。zoom
上:『Patch』のギフト用セット。下左: アラブの伝統的な焼き菓子の店『VIVEL(ヴィヴェル)』。下右:ナッツやフルーツを挟んだデーツのほかマカロンやチョコレートも扱う『Bateel(バティール)』。3軒ともお土産の定番ショップ。
少し値は張るけれど、目上の人やスイーツ好きに差し上げると喜ばれるのが、レバノン発祥の高級チョコレート『Patch(パッチ)』。好みの種類を選んで箱詰めにしてもらうことができ、価格は大箱1kg・210ディルハム(約6,400円)~、中箱500g・105ディルハム(約3,200円)~、小箱は200g・55ディルハム(約1,600円)~。ホリデーシーズン限定のギフトボックスや、手軽なお土産に便利な板チョコもあります。
※1AED(ディルハム)=約30.5円 2017年11月現在

バラマキ用にキュートはアラビアン・グッズはいかが?

雑貨類では、色の組み合わせが美しいショールやバブーシュ、アラビアコーヒー用のカップ、香水瓶などがあります。そんなアラビアらしいアイテムが揃うのが、『Al Jaber Gallery(アル・ジャービル・ギャラリー)』。アラビア語で“王様のギャラリー”という意味だそう。
手頃な価格のアラビア雑貨からカシミヤなどの高級品まで扱う『Al Jaber Gallery(アル・ジャービル・ギャラリー)』。zoom
手頃な価格のアラビア雑貨からカシミヤなどの高級品まで扱う『Al Jaber Gallery(アル・ジャービル・ギャラリー)』。
いわゆるお土産的なものを並べたお店ですが、よく見ると可愛らしい雑貨がいろいろ。ガラスの香水瓶は1個500円程度。アラビア模様が美しいプレートもありました。
上左のアラビアコーヒーのカップはアメリカ系のデパート『Bloomingdales(ブルーミングデール)』で。そのほかは、『The Jaber Gallery』で見つけたもの。zoom
上左のアラビアコーヒーのカップはアメリカ系のデパート『Bloomingdales(ブルーミングデール)』で。そのほかは、『The Jaber Gallery』で見つけたもの。
●The Dubai Mall(ドバイ・モール)
www.thedubaimall.com


ローカル御用達のスーパーものぞいてみたい!

もう少しディープなモノを探すなら地元の人が利用するスーパーマーケットへ。現地で暮らして6年になる日本人ガイドさんが日常のお買い物をするというお店へ連れて行ってもらいました。ドバイに14店舗をもつ『Union Coop(ユニオン・コープ)』は、日本でいうなら生協のようなスーパーマーケットだそうです。
『Union Coop(ユニオン・コープ)』は、地元の人が利用するスーパーマーケット。zoom
『Union Coop(ユニオン・コープ)』は、地元の人が利用するスーパーマーケット。
生鮮食料品から日用雑貨、家電用品、家具まで並び、アメリカの大型スーパーのようですが、豚肉とお酒の取り扱いがないことにイスラムの国にいることを感じました。

お土産にオススメなのは、モロッカンティーをはじめとしたハーブティーとアラビアコーヒー、オリーブオイルやモロッカンオイル配合のスキンケア用品です。輸入品が大部分を占めるなか、発見した貴重なメイド・イン・ドバイは、ナッツ入りのデーツをチョコレートでくるんだ、その名も『Chocodate(チョコデーツ)』。1袋300円程度と手ごろな価格の上、袋の中身は個別包装なので職場のバラマキ用や親しい人へのお土産にもってこい。ギフト用に、箱入りもありました。
モロッカンティーはホットでもアイスで飲んでも美味しい。すかりハマってしまった『Chocodate』はドバイの人も大好きなお菓子。zoom
モロッカンティーはホットでもアイスで飲んでも美味しい。すかりハマってしまった『Chocodate』はドバイの人も大好きなお菓子。
このチョコデーツ、自分用にも買って食べてみたら想像以上に美味しく、差し上げた友人たちにも大好評。
「なんでもっとたくさん買ってこなかったのかしら!」
と悔やまれるほどです。
●Union Coop(ユニオン・コープ)
www.unionco-p.ae


ほかにローカルっぽいお店としては、コンビニエンスストアの『ZOOM(ズーム)』をよく見かけました。ガソリンスタンドには必ず併設されていて、スナックやドリンク類、ちょっとした日用品もあり、アラビア語のパッケージが興味をそそります。

ラグジュアリーなスポットばかりでなく、こういう地元の人が利用するお店をのぞいてみると、手ごろな価格のものが見つかるばかりか意外な発見があります。大富豪の国、ラクジュアリ―・リゾートのイメージが大きかったドバイですが意外に庶民的な一面もあり、なんだかとても身近な国に思えてきました。

【取材協力】
●ドバイ政府観光・商務局
https://www.visitdubai.com/ja
Writer & Editor:永田さち子
スキー雑誌の編集を経て、フリーに。旅、食、ライフスタイルをテーマとし、記事を執筆。著書に、「自然の仕事がわかる本」(山と溪谷社)、「よくばりハワイ」「デリシャスハワイ」(翔泳社)ほか。最近は、旅先でランニングを楽しむ、“旅ラン”に夢中!
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ