2018年03月 2日公開
フランクフルトの春のグリーンソース
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[リスヴェル編集部]

エリア:ヨーロッパ  > ドイツ  > フランクフルト / ジャンル:グルメ・スイーツ , 

フランクフルトを中心都市にもつドイツのヘッセン州の春の名物、緑色のソース「グリューネゾーセ(Grüene Soße)」はヘッセン地方の伝統料理。伝統的に7種類の新鮮なハーブが使われており、ドイツ版の“春の七草”と言ったところ。茹でたジャガイモや固ゆで玉子に添えて食べるのが一般的。

さっぱりとした味わいが特徴だが各家庭でレシピが異なり、無数のバリエーションがあるようで、ドイツを代表する文豪ゲーテの母親が作った牛のひき肉を使うレシピも残っている。また、南ヘッセン地方特産のアスパラガスに緑の王冠のようにグリーンソースをかけるのが人気のようだ。

この料理は、「緑の木曜日」と呼ばれる聖金曜日(復活祭直前の金曜日)の前日に初物として食べるのが伝統とされている。そして秋に初霜が降りるまでグリューネゾーセの季節が続く。フランクフルトにはこの料理の記念碑まであり、毎年5月にはグリューネゾーセ祭りが催され、最も優れたレシピが競われる。

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ