2017年06月 6日公開
近くて近い?3つの国「アッパー・ライン・ヴァレー」
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[ミキ・ツーリスト]

エリア:ヨーロッパ / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , アート・カルチャー・歴史・ミュージック , サービス・商品情報

「アッパー・ライン・ヴァレー」という地方を聞いたことがありますか? あまりなじみのない名前かもしれませんね。Upper Rhine Valley(アッパー・ライン・ヴァレー)、つまりライン川上流の渓谷という意味となりますが、フランス・アルザス地方、スイス・バーゼル近郊、ドイツ・黒い森地方とプファルツ地方の、ライン川の両側に広がる地域をさしています。

フランス・アルザス地方を代表する都市は、旧市街が世界遺産に登録されているストラスブール、アルザスワイン街道の中心コルマール、鉄道博物館や自動車博物館が有名な産業都市ミュルーズ。
スイス・バーゼルは三国国境の都市。世界一の時計見本市バーゼルフェアや現代美術の街としても有名です。
ドイツ・黒い森地方とプファルツ地方では、環境エコ都市フライブルク、優雅な温泉保養地バーデンバーデン、別名「扇都市」と呼ばれ宮殿を中心に道が放射状にのびるバロック都市カールスルーエ。

交通至便なこの地域。ゲートウェイとなる空港はフランスにありますが、その名は「ユーロエアポート・バーゼル=ミュルーズ=フライブルク」。3か国の都市名が入っています。

ライン川が結ぶ南北約200kmにわたるアッパー・ライン・ヴァレー地方は、可愛らしい木組みの家、斜面に連なる段々畑、そのブドウからつくられる白ワイン、世界中から多くの観光客が訪れるクリスマスマーケットなど、歴史、文化、建築、ワイン、美食、など多くの共通性をもっています。
同時に、3つの国(フランス、スイス、ドイツ)にまたがり、2つの言語(フランス語、ドイツ語)が話されているゆえか、少しずつ異なった特徴もみられるので比べてみるのも面白いですね。

バーゼルを起点に観光するなら
[みゅう]バーゼル発各種ツアー
http://www.myushop.net/options/index/CH/12009/

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ