2017年07月20日公開
ビジネスクラスにロサンゼルス発のLSTNヘッドフォンを導入
このニュースをクリップ
期間:2017年7月20日から
[デルタ航空]

エリア:指定なし / ジャンル:航空会社 , 

デルタ航空は、国際線のビジネスクラス「デルタ・ワン」に、 ロサンゼルスに本社を置く音響と慈善事業の企業、 LSTN サウンド社製のヘッドフォンを導入しました。 グアム、 サイパン、 パラオのミクロネシア線を除く全日本発着路線に今週から搭載されています。

LSTNサウンド社は、 環境に優しい製品を作る企業として知られており、 廃材を使用し、 木を染色しないため、 木そのものの自然な色を活かした製品を製造しています。 デルタ・ワンに搭載するヘッドフォンは、 機内用として特別にノイズ・キャンセリング機能を搭載しました。 LSTNヘッドフォンの採用により、 充実のプログラムで知られるデルタ航空の機内エンターテインメントシステム「デルタ・スタジオ」をより快適に楽しむことができます。

LSTNのパートナーシップを通じて、 デルタ航空は難聴の人々を支援する「スターキー・ヒアリング・ファウンデーション(スターキーきこえの財団)」の活動を支援します。 LSTNは4年前から同財団の活動を世界規模で支援しており、 これまでに2万2,000人以上の人々に補聴器提供などの支援を行ってきました。 売上げの一部を寄付に回す枠組みに基づき、 今回のデルタ航空とのパートナーシップにより、 新たに数千人の人々への支援が可能になります。

LSTNの創設者ブリジット・ヒルトン(Bridget Hilton)氏は次のようにコメントしています。 「デルタ航空はこれまで、 当社のミッションを実現するために世界中を飛び回る私たちを助けてくれました。 今度は、 数千人の支援を必要とする人たちライフスタイルを変えるために、 私たちとパートナーになってくれたことを嬉しく思います。 」

LSTNの共同創設者、 ジョー・ハフ氏は、 「デルタ航空の機内用ヘッドフォンをデザインし製作することで、 製品の売上げによる寄付額の増加と、 スターキー財団とその聴覚ヘルスプログラムの認知向上というLSTNのミッションを、 大幅に推進することができます。 」

LSTNのヘッドフォンは、 デルタ航空の国際線ビジネスクラス「デルタ・ワン」のほか、 ニューヨーク(JFK)とロサンゼルス、 サンフランシスコ、 ワシントンD.C.(DCA)とサンフランシスコを結ぶアメリカ大陸横断路線のデルタ・ワン、 およびこの秋にエアバス350型機材の投入と共に設定されるプレミアム・エコノミークラス「デルタ・プレミアムセレクト」に導入されます。

LSTNについて
LSTNサウンドCo.は音楽の力を通じて人々の人生を変えようというミッションを掲げています。 製作するハイエンドなヘッドフォンやスピーカーを売り上げるたびに非営利団体パートナーのスターキー・ヒアリング財団に寄付を行い、 難聴をわずらう人々に補聴器を届けたりするヒアリング・エイドを提供しています。 LSTNの製品はオンラインストアのほか、 世界中の高級セレクトショップ等で入手することができます。 2013年にブリジッド・ヒルトンとジョー・ハフにより創設されました。

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • 予約・問い合わせ デルタ航空予約センター
  • TEL:0570-077733
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ