2017年12月 1日公開
【編集部推薦映画】生誕260年記念!プラハを舞台にしたモーツァルト映画最新作
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[リスヴェル編集部]

エリア:指定なし / ジャンル:サービス・商品情報 , アート・カルチャー・歴史・ミュージック , 

アカデミー賞8部門受賞作『アマデウス』以来、久々に登場した本格的モーツァルト映画『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』が12月2日(土)から公開される。モーツァルトがプラハ滞在中に「ドン・ジョヴァンニ」を作曲し、1787年、現在もヨーロッパでもっとも美しく歴史的な劇場のひとつと言われるプラハのノスティッツ劇場(現在のエステート劇場)で初演、自ら指揮したという史実に発想を得て、華麗なる恋と陰謀のストーリーが“百塔の都”プラハの上流階級を舞台に繰り広げられる物語。

<あらすじ>
1787年、プラハはオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりだった。上流階級の名士たちは、モーツァルトをプラハに招き新作を作曲させようと決める。その頃、モーツァルトは三男を病で亡くし失意のどん底にあり、陰鬱な記憶に満ちたウィーンを逃れるために、喜んでプラハにやってきた。友人ヨゼファ夫人の邸宅に滞在し、「フィガロの結婚」のリハーサルと新作オペラの作曲にいそしむモーツァルト。やがて、彼は「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢された若手オペラ歌手のスザンナと出会い、その美貌と才能に大いに魅了される。スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながら、モーツァルトの音楽と天才さに魅了されていく。急速にその距離を縮めるふたり。しかし、劇場のパトロンであり、猟色家(女性を好む)との噂のあるサロカ男爵もまた、スザンナを自分の婚約者にするために狙っていた。三角関係の愛と嫉妬と陰謀によって起こる悲劇とは…。

中世の街並みが色濃く残る美しいチェコのプラハ市で全編ロケを敢行したこの映画は、チェスキー・クルムルフ城劇場での撮影をはじめ、実際にモーツァルトが訪れた市街が建物を映画の舞台として活写している。陰謀が渦巻く中で、プラハの街の夕景と朝焼けを映すシーンは、当時の情景を現在にも映しているかのようだ。また、オペラの傑作「フィガロの結婚」と「ドン・ジョヴァンニ」の演奏を担当したのはプラハ市立フィルハーモニー管弦楽団。

『プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード』
公開日:2017年12月2日(土)
    ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
配 給:熱帯美術館
公式サイト:http://mozart-movie.jp
© TRIO IN PRAGUE 2016

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ