2018年02月14日公開
ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」監修の機内食を導入
このニュースをクリップ
期間:2018年3月1日から
[デルタ航空]

エリア:指定なし / ジャンル:航空会社 , グルメ・スイーツ , 

デルタ航空は3月1日より日本発のハワイ路線およびアメリカ本土路線のビジネスクラス「デルタ・ワン」、「デルタ・ワン スイート」、およびプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」に、ミシュラン二つ星の和食店「一汁二菜うえの」の上野法男シェフ考案・監修の機内食メニューを導入します。

メニューは季節により変わり、3月から5月は春メニューを提供します。アメリカ本土便の「デルタ・ワン」では、ホタルイカ旨煮と鯛の子旨煮、合鴨ロース煮、さごし棒寿司、筍土佐煮、厚焼き玉子などの前菜、才巻海老旨煮、のどぐろ甘酢漬け、黄身酢などの小鉢、汲み上げ湯葉含ませ煮、ほうれん草浸し、茸と山葵の煮物、鹿児島産黒豚の肩ロースを使った主菜を提供します。旬の素材をふんだんに使い、その彩の美しさから、舌だけではなく目でも楽しめる構成になっています。

デルタ航空の機内サービス担当上級副社長、アリソン・オスバンド(Allison Ausband)は次のように述べています。「お食事というのは、どこで取っても楽しく思い出深いものであるべきです。デルタ航空では機内食のメニューを考案するにあたり、美味しいことはもちろん、その国の伝統的な味や文化に沿ったものであることを重視しています。世界的に高い評価を得ている上野シェフに、和食メニューの監修を依頼したのもそのためです」。

上野法男シェフは次のように述べています。「空の上という全く違う環境や調理上の制限など、機内食のプロデュースはお店で出すお食事を作るのとは全く違います。地上と同じ繊細な味を空の上で再現するというのは、私にとって大きな挑戦でしたが、和食のイメージを壊さずに質の高いメニューを構成することができました。デルタ・ワンのお客様に実際にお召し上がりいただき、感想をいただくのをとても楽しみにしています。」

和食メニューのアップグレードはデルタ航空が進めている顧客エクスペリエンスの向上のための様々な施策の一環です。投資には、最新シートを搭載したエアバスA350型機の日本路線への導入や、「デルタ・ワン」および「デルタ・プレミアムセレクト」へのイタリアンブランド「アレッシイ」の食器やLSTNヘッドフォンの導入、エコノミークラス「メインキャビン」でのスリッパの提供やハーゲンダッツやベン&ジェリーなど人気アイスクリームブランドの導入、ブランケットの刷新などが含まれます。

上野法男(うえの・のりお)シェフについて
大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、同校の講師を務める。独立開業してから8年後に「一汁二菜うえの」をオープン。現在はミシュラン一つ星の豊中店、同二つ星の箕面店を営みながら、商品開発や料理顧問など、食に関する各方面で活躍中。https://ichijunisai-ueno.com/

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • 予約・問い合わせ デルタ航空予約センター
  • TEL:0570-077733
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ