2018年02月21日公開
神聖なインカの遺跡、「マチュピチュ」の入場時間が変更  2017年度の“インスタグラムで最も投稿された景色”のひとつにも選定
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[ペルー政府観光庁]

エリア:南米  > ペルー / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , 名所旧跡・観光施設 , アクティビティ・スポーツ

 壮大なインカの遺跡として知られるペルーの観光名所の中でも、南アメリカで最多の訪問者数を誇り、神秘的な絶景スポットとして人気を博しているのが世界遺産にも登録されている「マチュピチュ」です。同遺跡は、昨年、遺跡の維持や保護を目的に入場規則が変更となり、入場時間が午前6時~12時および午後12時~午後5時半の2部制となりました。

 毎年3月~5月にかけて、アンデス地方やアマゾンでは雨季を迎えますが、2017年にインスタグラムで最も投稿された景色のひとつにも選ばれたマチュピチュは、これからの季節、恵みの雨を受け、よりいっそう緑が美しく映えるシーズンとなります。

 マチュピチュへの玄関口となる町クスコは、リマ、アレキパ、プーノ、プエルトマルドナードから1日40便以上のフライトが運航しており、季節によっては、リマ北部の町、トルヒーヨからのフライトも運航しています。クスコからは、同遺跡への最寄り駅となるアグエスカリエンテスまで鉄道を利用し、そこからバスに乗り換えて現地へと向かいます。ハイキングがお好きな方は、鉄道が出発するオリャンタイタンボからマチュピチュまで、途中、キャンプをしながら数日間かけて、その昔インカの人々が使用していた小径「インカトレイル」を歩いて、目的地を目指すのもおすすめです。インカトレイルのツアーは、必ず現地ガイドが帯同する必要があり、世界中の旅行者から人気を博しています。

 また、一見、高地にあると思われがちなマチュピチュは、クスコより約1000メートルも標高が低い標高約2400メートルの場所に位置しており、世界的にも珍しい雲霧林という気高地帯に属し、珍しい動植物の観察もお楽しみ頂けます。

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ