2018年03月22日公開
名古屋-デトロイト直行便の就航20周年で記念キャンペーンを展開
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[デルタ航空]

エリア:指定なし / ジャンル:航空会社 , 

名古屋とアメリカ本土をつないで20年、
日米を代表する自動車の街をダイレクトに結ぶ「モータウン・エクスプレス」


デルタ航空は、今年6月3日に名古屋-デトロイト直行便が就航20周年を迎えることを記念し、20周年をあらわすロゴを製作し、年間を通じて記念キャンペーンを展開します。

20周年記念ロゴは、路線紹介のリーフレットやポスター、広告、旅行会社のツアーパンフレットなどに掲載するほか、お客様や旅行会社向けに配布される記念グッズにも使用します。就航日の6月3日には、デトロイト便の出発前に搭乗ゲート前にて記念式典を開催するほか、セントレア空港で開催されるイベントに参加したり、20年間のご愛顧への感謝を込めたキャンペーンを展開する予定です。

名古屋-デトロイト直行便の歴史は、デルタ航空の前身のひとつであるノースウエスト航空が1998年6月2日にデトロイト発名古屋行き、翌6月3日に名古屋発デトロイト行きのフライトの運航を開始したことから始まります。日米の自動車の街をつなぐ直行便の誕生は、名古屋の皆様に温かく迎えられ、「モータウン・エクスプレス」という愛称で親しまれてきました。

デルタ航空日本支社長、森本大は次のように述べています。「モータウン・エクスプレスの誕生から20年、名古屋-デトロイト直行便は自動車産業の皆様はもちろんのこと、デトロイト空港の立地の良さと利便性の高さを活用した乗り継ぎ需要も取り込みながら、今日まで中部地区とデトロイト、その先のアメリカ、カナダ、南米をつなぐ主要な路線として運航を続けてまいりました。今後も名古屋とアメリカ本土を直接結ぶ基幹路線として、多くのお客様にご利用いただけるよう、サービスと利便性のさらなる向上に努めてまいります。」

デルタ航空では、3月25日(日)に開催される「第2回 航空ファンミーティング in セントレア(主催:中部国際空港株式会社、http://www.centrair.jp/special/kokufan2018/)」 に参加し、同路線を使ったアメリカへの旅の魅力を紹介するほか、旅行会社向けのセミナーや一般旅行者に向けた参加型のキャンペーンを実施予定です。

現在、名古屋-デトロイト線は、エアバス330-200型機(ビジネスクラス「デルタ・ワン」34席、足もとが広くリクライニング角度が深い「デルタ・コンフォートプラス」32席、エコノミークラス「メインキャビン」が168席、計234席)にて週4往復運航しています。

便名/ 出発 /到着 /運航日 /使用機材
DL94/ セントレア発 4:45 p.m. /デトロイト着 4:10 p.m. /月、金、土、日/ A330-200
DL95/ デトロイト発 12:06 p.m. セントレア着 翌日 3:10 p.m. /木、金、土、日/ A330-200
*3月現在の運航スケジュール。運航スケジュールや使用機材は変更される場合があります。

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • 予約・問い合わせ デルタ航空予約センター
  • TEL:0570-077733
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ