2018年03月30日公開
2017年のNY市への訪問者数、過去最多の6,280万人を記録
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[ニューヨーク市観光局]

エリア:アメリカ合衆国(本土)  > ニューヨーク州  > ニューヨーク / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , 

ニューヨーク市観光局(NYC & Company、CEO:フレッド・ディクソン)はこのたび、2017年にアメリカ国内外からニューヨーク市を訪れた訪問者数が、過去最多となる6,280万人を記録したことを発表いたしました。同市への観光客数は8年連続で増加しています。また、同市への日本からの訪問者数においては34万3千人を記録し、昨年を上回る結果となりました。

全訪問者6,280万人の内訳としては、米国内からが4,970万人(前年比+3.9%)、海外からが1,310万人(前年比+3.4%)となっています。同時に発表された2018年の訪問者数の見通しでは、国内から5,140万人、海外から1,370万人の合計6,510万人がニューヨーク市を訪れると見込んでいます。

ニューヨーク市内5つの行政区内のホテル事業においては、昨年は約4,000室が増加し、2019年までには137,000室の供給が見込まれ、全米で最もホテル開発が進んでいるエリアとなっています。さらに、タイムズスクエア周辺で新しい観光アトラクションがオープンするほか、NYCレストラン・ウィークなど、各種プログラムやイベントを実施することで、さらなる観光客数増加に向けた活動を展開してまいります。

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ