2018年04月17日公開
オンタリオ州内340か所の州立公園を運営・管理する「オンタリオ・パークス」 2018年で設立125周年を迎える
このニュースをクリップ
期間:指定なし
[カナダ・オンタリオ州観光局]

エリア:カナダ・アラスカ  > カナダ / ジャンル:観光情報・観光局・現地便り , 自然 , アクティビティ・スポーツ

 2018年は、オンタリオ州に州立公園が誕生して125年の記念の年となります。オンタリオ州のみならずカナダ国内でも初めてとなった州立公園は、州内最大の広さを誇るアルゴンキン州立公園で、1893年に誕生しました。アルゴンキン州立公園は、東京都の3倍以上の広さとなる7,653平方キロメートルの広大な面積を有しています。現在、州内全域には、オンタリオ・パークスが運営、管理する州立公園が340か所に点在しており、その合計面積は州全体の8%を占めています。

 州立公園は、一年を通じて、気軽に自然と触れ合える場所として地元住民や海外からの旅行者が訪れます。野生動物観察、トレッキングやキャンプのほか、夏はカヌーやカヤック、冬もスノーシューやクロスカントリスキー、バードウォッチングなど、さまざまなアクティビティが楽しめる場所として親しまれています。公園には、ビジターセンターもあり、模型などを使って、公園周辺の動植物の生態や歴史をわかりやすく展示しているほか、ギフトショップでは書籍をはじめ、お土産にぴったりのアイテムなどを販売しています。パークレンジャーも常駐しているので、公園の詳細や歴史を聞きながら、周辺の自然に関する貴重な情報を収集することができます。

 公共バスサービス「パークバス」が複数の州立公園および国立公園行きの路線を運行しているので、旅行者でも気軽に州立公園へアクセスでき、アクティビティが楽しめます。パークバスでは、日帰り旅行のプランや、キャンプ教室なども実施されています。

 オンタリオ・パークスのホームページでは、125周年特別ページが設けられており、年表で公園の数の移り変わりや、昔と今の公園の様子が画像上で見比べられるようなユニークな仕掛けがされています。アニバーサリーイヤーである2018年は、各州立公園で記念イベントなども計画されています。

【お問い合わせ】

タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ