2018年05月31日公開
デルタ航空、全世界で新ユニフォームを導入
このニュースをクリップ
期間:2018年5月29日から
[デルタ航空]

エリア:指定なし / ジャンル:ファッション・コスメ , 航空会社 , サービス・商品情報

客室乗務員、空港スタッフ、整備スタッフなど、全6万4,000人の従業員が5月29日に一斉に着用を開始

デルタ航空は、5月29日、就航地のうち最初に1日が始まるオーストラリアのシドニーに始まり、最も遅い時間帯の米ハワイ州のホノルルまで、全世界6万4,000人の客室乗務員、空港の地上職員、整備部門の従業員が新ユニフォームの着用を開始しました。ニューヨークを拠点に活躍するファッションデザイナー、ザック・ポーゼンがデザインし、米アパレルメーカーのランズ・エンド社が製作した新しいユニフォームは、革新的なフィット感と美しいフォルム、機能性を合わせもち、デルタ航空を新しい時代に導くものになっています。

客室従業員や空港の地上職員などのユニフォームの刷新は、2006年以来となる12年ぶり、整備部門や貨物部門などのランプで働く職員の制服は2000年以来18年ぶりとなります。

今回のユニフォーム・コレクションは、デルタ航空のブランドを体現するもので、伝統的なアメリカの航空会社のイメージから脱却し、洗練された魅力を加えています。制服を着用する従業員は活動量が多いため、洗濯機で洗える手入れのし易さも同時に実現しました。

メインカラーに選ばれたアメリカのパスポートのような濃い紫色「パスポート・プラム」は、あらゆる肌色となじみが良く、威厳のあるコレクションのベースとなっています。過去30年間、デルタ航空のユニフォームは他の米系航空会社と似たような紺色と赤色を使用していましたが、今回他社との差別化を図るため、パスポート・プラムに加えて、クルージング・カーディナル(深い紅色)、グランドスピード・グラファイト(濃いグレー色)、スカイライン・スレート(グレーがかった濃い青色)、トラベリング・シスル(薄紫、アザミ色)などを用い、上質なサービスを体現するユニフォームが完成しました。

また、ポーゼン氏とチームは、革新的な生地と技術を融合することを目指し、女性用ブラウスの襟を、飛行機の翼をイメージした形にしたり、従業員の提案でペン用のポケットをつけるなど、機能性も持たせています。

新ユニフォームは、デザインの各工程で従業員の意見を取り入れました。ザック・ポーゼンとランズ・エンドのデザインチームは、従業員対象のフォーカスグループ調査を百回以上実施し、仕事中の従業員に密着し現場でのニーズを把握しました。そして、3万件を超えるアンケートから改善点を導き出し、合計170箇所以上の変更を加えました。直近の3ヶ月には、各部門1,000人の従業員が業務中に着用し、それぞれの体型や様々な環境での作業に適しているかを最終確認しました。

ザック・ポーゼン氏は、「デルタ航空のようなグローバルな航空会社のユニフォームをデザインさせていただき、大変光栄です。航空会社の制服は、革新的な技術や素材を取り入れながら、グラマラス(華やか)であって欲しいと考えました。実際に業務中の従業員に張り付いて、彼らの仕事内容や環境を理解し、彼らの意見を聞くことは、私の調査とデザインに不可欠なものでした。従業員の皆さんがひとつのチームとして引き立つような色や形を用い、最新かつ最高の生地を使ったユニフォームを作ろうと思いました。最終的には、エレガントながら着心地が良く、着ると元気が出るようなユニフォームができました。デルタ航空の新時代を象徴するようなユニフォームを、従業員とともに作り上げたことを誇りに思います」と述べています。

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • 予約・問い合わせ デルタ航空予約センター
  • TEL:0570-077733
タックスフリーショッピング 付加価値税の還付手続き方法
クレジットカードの機能と活用法
銀座でステイケーション1。ザ・ペニンシュラ東京で体験!
銀座でステイケーション2.夜は豪華な食事を存分に楽しむ
銀座でステイケーション3.朝はお部屋でゆっくり朝食を
銀座でステイケーション4.締めくくりは、スパで自分磨き
会員限定プレゼントに応募できる!
新規会員登録(無料)
情報掲載したい海外旅行関連企業はこちら
Risvel's Forest
risvel facebook
旅レジ