ニュージーランド航空、新作機内安全ビデオ「世界で最もクールな大陸」編を発表
期間:指定なし
[ニュージーランド航空]2018年03月 1日公開

エリア:オセアニア  > ニュージーランド / ジャンル:航空会社 , サービス・商品情報 , 自然

ニュージーランド航空は本日、機内安全ビデオの新作「世界で最もクールな大陸」編を発表しました。本作品は南極大陸を舞台に、そこで現在科学者が取り組んでいる気候や環境問題に関する重要な研究を題材にしています。

「世界で最もクールな大陸」編は、ハリウッド俳優で映画監督、環境保護活動家でもあるエイドリアン・グレニアー氏が案内人となり、ニュージーランドの科学者たちが地球規模の気候変動に関する喫緊の課題に取り組んでいる、息をのむように美しい南極大陸へと視聴者をいざないます。

ニュージーランド航空のニュージーランド南極局およびニュージーランド南極研究所との長年にわたるパートナーシップを背景に、本作品ではグレニアー氏がスコット基地の科学者たちと一緒に、ペンギンの個体数や氷のコアサンプルを調査したり、探検家アーネスト・シャクルトンが生活していた小屋や広大な乾燥渓谷(ドライバレー)を訪れるといった様子が紹介されています。

エイドリアン・グレニアー氏は国連環境親善大使を務めるほか、海洋保護に関する非営利団体「Lonely Whale(ロンリー・ホエール)」の共同設立者として知られます。グレニアー氏は、本作品の制作にあたりニュージーランド航空、ニュージーランド南極局とタッグを組めたのは光栄だとして、次のように話しています。

「この機内安全ビデオをご覧いただくと、ニュージーランド航空がニュージーランド南極局の人類全体に関わる調査・研究を支援していることがわかります。これは、環境問題に取り組む私自身の信念とも重なるところがあり、このようにニュージーランド航空が気候変動の影響を人々に伝える活動に取り組んでいる姿勢には、大いに共感を覚えます」

南極での撮影にあたり、環境への影響を最小限に抑えるため、撮影チームは俳優を含め6名に限定されました。そのため、スコット基地の科学者とスタッフが、キャストとしても出演協力しています。また、ニュージーランド航空は、南極大陸という場所、また同地での研究内容について詳しい情報を提供するテレビおよびオンライン向けコンテンツも公開しました。

ニュージーランド南極局は、南極大陸や、同地で行われている研究に対して、世間の関心を集めることを重要な任務の一つとしています。最高経営責任者(CEO)のピーター・ベッグス氏は、今回の機内安全ビデオが、ニュージーランド発の南極研究を世界中に紹介する絶好の機会になるとして、次のように述べています。

「ニュージーランド航空の機内安全ビデオは、これまで1億3千万を超える視聴数を誇っています。私どもニュージーランド南極局は、路線でもインターネット上でもグローバルな存在感をもつニュージーランド航空から本作品が発表されることを大変喜んでおり、私たちの広報活動も次のステージに進めることと確信しています」


機内安全ビデオ「世界で最もクールな大陸」編は、本日よりニュージーランド航空の機内およびオンラインにてご覧いただけます。
https://youtu.be/TEsHqdA9dV0

南極大陸と同地での研究内容について詳しい情報はこちらからご覧いただけます。
http://wheretonext.airnewzealand.co.nz/

【お問い合わせ】

【日本での問い合わせ先】

  • ニュージーランド航空広報代理 株式会社エイレックス
  • TEL:03-3560-1855
risvel facebook